任意整理のデメリット≪知っておかないといけない任意整理の知識≫

任意整理のデメリット≪知っておかないといけない任意整理の知識≫

任意整理のデメリット≪知っておかないといけない任意整理の知識≫

多重債務で利息がかさみ、返済をしても元金がまったく減らないという状況の場合、任意整理は返済した分、そのまま元金が減るので債務の完済を目指す場合は非常に有効な方法です。しかし、債務の免責が可能になる自己破産に比べるとデメリットと言える部分はあります。
たとえば、任意整理は分割払いが前提とは言え、まとまった金額を返済しないといけません。なので、収入がないと出来ませんし、分割回数は数百回でも可能というわけにはいかないので、自由になるお金がかなりないと余裕を持って返すことは難しいです。分割回数によっては、任意整理前の返済金額と変わらない金額が必要になってくる場合もあります。
また、債権者と和解して返済を始めたとしても、債権者である貸金業者との契約が有効のままになるということはありません。クレジットカードの債務を任意整理で返済するのであれば、そのカードはもう使えなくなってしまうのです。そのため、自己破産でも任意整理でもカードは使えなくなるということになり、カードを利用し続けられると考えて任意整理をしたという場合は、まったく意味がないということになります。
また、弁護士に頼む場合は、交渉する会社の数によって、自己破産を依頼する場合に支払う手数料とほとんど変わらない金額を払わないといけないというのもデメリットと言えます。なぜデメリットなのかといえば、自己破産であれば、債務の返済義務はなくなるからです。ほとんど変わらない手数料を払っても、任意整理の場合は元金を返済しないと債務が消えることはありません。